『品質第一』を念頭に、
仲間と連携して製品の品質を創り込む

大阪工場 品質管理部
菊池 茜

仕事内容とやりがいは?

品質管理部は、工場で製造した医薬品を患者さまへ提供するために、製造方法や製品品質を管理する部門です。安心して患者さまに使用していただけるよう、一つのミスも許されない重要な仕事のためプレッシャーはありますが、私の仕事により、製品の品質改善が出来たと実感した時に達成感と共にやりがいを感じます。

仕事をする上で大事にしていることは?

医薬品を製造するうえで、製品の品質が患者さまの生命に直接影響することを常に意識して仕事をしています。品質管理部は、製品出荷前の『工場の最後の砦』なので、患者さまの健康のために安定供給と品質確保を達成するには、自分は何をすべきかを常に意識して、着実に業務を行うように心掛けています。

失敗や悩みはどのように解決している?

分からないことや不安なことは、先輩や上司へ相談します。経験や知識から細かな助言をしてくれるので、不安だったことも話すと心が軽くなることが多いです。また、失敗の報告は遅くなるほど事態が悪くなるため、気付いたら直ぐに上司に報告するようにしています。なぜ失敗したかを考え、同じ失敗を繰り返さないよう心がけています。

職場の環境や雰囲気は?

大阪工場には気さくな方が多く、日ごろから社員同士のコミュニケーションが活発です。業務を遂行する上では現場に緊張感があり、時に厳しく指導して下さる場合もあります。相談したいことや分からないことにも快く丁寧に応じてもらえるので、全体的に和やかな職場です。部内外でも交流会があり、雰囲気も良いです。

将来の目標は?

私の目標は『品質管理のエキスパートになること』です。法令を学び、講習やセミナーに参加して幅広い知識を習得したり、製造現場で実際の作業や機械の実態を体感することで、医薬品のことをもっと深く理解していきたいです。将来的には他の部門でも多くの経験を積み、多角的な観点から品質を保証できる人物へと成長したいです。