「私が開発した」と言える薬を
患者さまに届けたい

開発部
一ノ瀬 栞

仕事内容とやりがいは?

臨床試験(治験)を行い、医薬品となる製剤の有効性・安全性を評価することが開発部の仕事です。専門医と相談しながら治験計画を立案し、データを収集して、製造販売承認申請を行います。治験計画の立案から一貫して関わることができ、少しずつ薬が患者さまのもとに近づいていくことを実感できるところに、大きなやりがいを感じます。

仕事をする上で大事にしていることは?

全ての仕事に全力で取り組むことです。どんな小さな仕事でも、開発業務全体の大きな流れの中で、必ず意味を持っています。一見、直結していないように感じるものもありますが、全ての仕事はより良い形で薬を患者さまに届けることに繋がっています。そのことを常に意識し、自分の頭で考え工夫しながら業務に臨んでいます。

失敗や悩みはどのように解決している?

失敗をしないために、経験の浅い自分だけの考えで行動せず、上司や先輩にこまめに相談するようにしています。それでも失敗してしまったときには原因を考え、対応策を検討しています。悩みについても周囲に相談しています。相談することで頭の中が整理され、自信を持って行動でき、根本的な解決につながっていくと感じています。

職場の環境や雰囲気は?

風通しの良い職場のため、上司や先輩との距離が近く、相談や自分の意見の発信をしやすい環境と暖かい雰囲気があります。先輩社員どうしの議論に触れる場も多く、発言の端々から開発における考え方や姿勢について学ぶことができます。また、本社勤務のため、他部署の方との関わりも多く、刺激になっています。

将来の目標は?

一つの薬を最初から最後まで責任者として開発することです。そのためには業務全体を理解し、先頭に立って業務を進めていく必要があります。まだ一部の業務しか経験していませんが、開発の一連の業務に関わることができる環境を幸せに感じています。「私が開発した」と言える薬を患者さまに届けることを目標に、一つずつ経験を積んでいきたいと思います。