医療の現場から
『求められるMR』になる

営業本部 首都圏統括部
藤島 正仁

仕事内容とやりがいは?

私はMR(医薬情報担当者)という仕事をしています。主な仕事内容は医療関係者の皆さまへの医薬情報の提供、収集した副作用等の情報の会社へのフィードバックです。やりがいを感じる瞬間は、医療関係者の皆さまへの情報提供を通じて、患者さまの症状が少しでも回復したと教えていただいたときです。

仕事をする上で大事にしていることは?

『誠実』な情報提供を心がけています。間違った情報提供をすると、薬を投与される患者さまに本来期待される効能・効果以外の影響が出てしまうかもしれないので、医療の一翼を担っているという責任を持って情報提供を含めた仕事をしています。 

失敗や悩みはどのように解決している?

仕事上の失敗や悩みは、上司や先輩に相談しています。時には失敗することや悩むこともありますが、上司や先輩がどうすれば解決できるのかを一緒に考えてくれます。解決できた失敗や悩みを同じ悩みを持つ後輩たちに伝え、少しでも自分の成長や後輩達の悩みの解消に繋がればと考えています。

職場の環境や雰囲気は?

私が所属している首都圏統括部は、営業所長をはじめとする頼れる先輩MRや、活発で明るい多くの後輩たちに囲まれ仕事をしています。若手の新しい感覚の意見や、自分とは違った仕事の進め方を見ていると、非常に刺激を受けますし、チャレンジしようという前向きな気持ちになります。

将来の目標は?

大学病院担当者として、分院をはじめとする周囲にも影響を与えることのできるMRになりたいです。そのためにも自社の製品知識だけでなく、疾患や治療、他社の製品に関する知識、医療制度も理解した上で、医療関係者の皆さまからチーム医療の一員として『求められるMR』になることが目標です。