製造

私たち日本製薬の開発した医薬品は、人の「いのち」に
直結するものでもあり、安定供給は大切な使命です。
そのため、設備機器ならびにレギュレーション
(法令・規定など)の進化とともに、
私たちの技術・技能も更なる進化を
遂げなければなりません。
安定供給と品質を維持・実現するために、
日々努力を続けています。

品質を維持するために

定められた手順を遵守し安定した生産(操業)を行うことが、品質の維持であると私たちは考えています。製造設備を安定して稼働させるには、様々な視点により品質に関わる管理も必要となります。5Mの視点「人(Men),方法(Method),機械(Machines),材料(Materials),計測(Measurement)」での製造管理・品質管理により、品質の維持に努めています。

技術を磨く・向上するために

技術の向上とは、「あたりまえにしている事をより深く知り、応用を加え改善し、新たな価値を生み出す技術に進化させる」と私たちは考えています。そのために設備・機器などの「あたりまえ」の機能・理論に対して自己研鑽により振り返りを行い、技術の向上を探求しています。また、個人が保有する能力「技能」についても、技術を表現(見える化)する活動に力を入れています。

技術を伝えるために

技能・技術を伝える手法としてはOJT(実地訓練)とOFFJT(集合教育)が代表的な手法として一般的には活用されています。医薬品は異物の混入を防ぐために、人が介在しない条件で製造を行うことが望まれますが、無人化が難しい工程は人の手に頼らなければなりません。設備機器は進化し続け省人化など進んで行きますが、理論・理屈に基づく技術は普遍的であると考え、後進者の育成・技術の継承に取り組んでいます。

全社員が一体となり創り出す「日本製薬の価値」