情報提供

私たち日本製薬のMR(医薬情報担当者)は
生命関連産業の一員として、人々の健康増進に
貢献するため、医療従事者の皆様に対し、
研究・開発・製造を経た医薬品並びに
医薬関連製品について、常に正確かつ最新の
情報を提供すべく活動しています。

製品関連情報を正確に伝え、集める

血漿分画製剤や消化器検査薬など、日本製薬が提供する専門性の高い医薬品が適正に使われるために医療関係者に、その有効性、安全性、品質情報を提供し、医療機関からの安全性情報などを収集しております。また医療機関や患者さんのニーズを把握し、社内へフィードバックし、よりよい製品開発につなげることもMRの活動です。医療関係者や患者さんが求める製品、情報の提供を行うことで、患者さんのQOL(Quality of Life)の向上に貢献していきます。

正しい情報を伝えるため、学び続ける

常に正確かつ最新の情報を医療関係者に提供するには継続的な専門知識の習得が不可欠です。日本製薬では、医薬品情報だけでなく、疾病や治療、薬理学や薬剤学、医療に関連する法制度などの最新情報を学ぶため、毎月学習会を行っております。 生命関連企業として倫理観をもち、正確な情報を伝えるためにMR教育部門からの講義や研修、定期的な社内試験などを実施し、研鑽を積んでおります。

全社員が一体となり創り出す「日本製薬の価値」