全社員が一体となり 創り出す 「日本製薬の価値」 全社員が一体となり 創り出す 「日本製薬の価値」

全社員が一体となり創り出す
「日本製薬の価値」

「日本製薬の価値」とは

人々から託された善意の献血から生みだされる血漿分画製剤をはじめ、新たな投与方法の消化器検査薬など、これまでにない医薬品の提供を通じて患者さまの「いのち」を守ることです。

「ひとつのタネ」から「いのち」へ

全社員が一体となり、以下の役割と責任を持って、価値を創り出しています。

・最先端の医療ニーズを汲み取り、新たな創薬の「タネ(価値)」を発見する
・創薬のタネを磨き、臨床試験(治験)を通じて有効性・安全性を明らかにする
・高い技術力で効率的に生産し、より高品質で信頼される製品を生み出す
・品質部門による厳しいチェックを経て、「いのち」を守る製品を世に送り出す
・製品と情報を医療現場へ確実に届け、さらなる医療ニーズを汲み取る
 
全社員が一体となり 創り出す 「日本製薬の価値」