挑み続ける姿勢

かけがえのない
「いのち」、
守り続けたい
私たちが世に送り出してきた医薬品の数々。
それらは、大切なものを守るために生まれました。
長年培ってきた歴史の中で、「血漿分画製剤」を
中心に、「消化器領域薬」「殺菌消毒剤」などの
事業領域に特化し、有効で安全な医薬品を迅速に
提供すべく、進化と挑戦を続けています。
 

託された善意のバトンをしっかり受けて
「いのち」を未来へとつなぐ

血漿分画製剤は、ひとの善意が源泉

たくさんの人々の善意による献血から作られる
血漿分画製剤には、未知の可能性があります。
“治療法の確立していない病気から命を救いたい”
と切なる願いをこめて、あくなき研究開発を通じ、
血漿分画製剤が担う未来を拓こうとしています。

善意を無駄にしない、その思いが原動力

血漿分画製剤の研究開発は、長い道のりになります。
国内外の文献や医療従事者から情報を集め、
地道な積み重ねを要します。私たちの原動力は
“託された善意を無駄にしない、決して諦めない”
という、ひたむきな思いです。

病気と闘う患者さまの命の支えに

私たちは、国内の医薬品メーカーに先駆け、
神経内科や皮膚科領域などの病気に取り組み、
全国の医療機関を通じて、患者さまの治療に
大きく貢献しています。

早期発見・治療の実現を助ける薬剤を
日本の医療現場の知恵から生み出す

より正確な内視鏡検査を行うための一助

胃や食道、十二指腸など、上部消化管の病気の
早期発見・治療には、内視鏡検査が効果的です。
正確な検査の妨げとなり得る、胃の蠕動運動を
抑制しようと、私たちは医療現場の知恵を集め、
製品化に挑みました。

内視鏡検査時、胃に直接散布の選択肢も

医療現場の発想やノウハウ、要望の声に基づき、
胃に直接散布して蠕動運動を抑える薬剤を創出。
ユニークなアプローチが新たに加わったことで、
検査が行いやすくなること、病気の早期発見に
つながることを願っています。

待ち望まれる医薬品を近い未来に

未だ開発されていない医薬品や、より精度や
利便性に優れた検査の助けとなる医薬品の
創製をめざして、日本製薬は邁進します。
——かけがえのない「いのち」を守るために。