動物実験における倫理的配慮

医薬品等の研究開発において、安全性・有効性を確認する為に、動物実験を行うことは必要不可欠です。当社では、動物実験の倫理的かつ科学的な基盤である3R※の実践に最大限に配慮し、法令「動物の愛護及び管理に関する法律」および指針「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」等に準拠した社内規程を定めています。また、動物実験委員会を組織することで、動物実験に対する厳格な審査と監視を行うとともに、研究者に対して、法令、各省庁の指針および実験動物倫理に関する教育訓練を実施し、動物実験の実施状況についての自己点検・評価を行うことで動物実験の倫理性と科学性の維持・向上に努めています。なお、当社は「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」に則った施設として公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団動物実験実施施設認証センターによる認定を受けています。
※3R:
Replacement(代替試験法の積極的な採用)
Reduction(実験動物数の削減)
Refinement (苦痛の軽減)の頭文字