ここからメインコンテンツです。

採用情報

MRの教育・研修制度について

MRの教育・研修として導入教育、認定証取得のための研修、全国の支店配属後の継続教育を行っています

Q.教育の内容は?

A.導入教育(集合研修)は、MRとして基礎的な知識、製品教育を3ヶ月以上かけて行い、実地研修(支店配属後の同行研修)も含め合計で6ヶ月間行います。継続教育は、ロールプレイングなどのアウトプット訓練を中心に製品知識・医療関連知識の充実を毎月継続して行っています。

MR認定証取得のための研修を行っています

Q.認定証の取得は難しいのですか?

A.認定証を取得するためには、MR研修テキストを範囲とする3科目(薬剤師資格者は1科目)の試験に合格する必要がありますが、内容はあくまでも基礎的な知識です。入社後の研修・教育と自己学習で十分取得が可能です。

Q.研修内容は?

A.まず、入社後にMR研修テキストを中心とした基礎教育があります。その後、フォローのための通信教育やWeb学習、また外部試験や直前講習を受講することも出来ます。不安なとき、壁に突き当たったときはいつでも相談して下さい。

医薬情報活動のための強力な学術教育とバックアップ体制をとっています

Q.継続教育はどのように行われているのですか?

A.支店単位で行っています。学術員も参加して製品知識・医療関連知識の充実、アウトプット訓練を通して経験豊かな先輩方からのアドバイスなどが行われています。

Q.医薬情報活動中にわからないことがあったら?

A.資料・文献などいつでも私たち学術員に相談して下さい。アドバイスします。いつも一緒に情報活動をしている気持ちでいます。

その他、プレゼンテーション向上のための研修など、随時取り入れています