ここからメインコンテンツです。

採用情報

職種の紹介

MR職

医薬品に関する知識・情報を積極的に集め、正しく提供しています。

充実した社内教育制度のもと、十分な製品関連知識とコンプライアンスを身につけ、医薬品の適正な使用と普及を目的として活動し、医療に貢献しています。

モバイルパソコンの活用により、医薬品の有効性・安全性に関する情報をスピーディーかつ積極的に収集し、正しく提供することで医療関係者の皆様の良きパートナーを目指しています。

開発職

人々の健康増進に貢献する、優れた医薬品の開発を行っています。

開発部は、前臨床試験(動物)を通じて安全性及び有効性が確認された医薬候補品がヒトにおいても同様に、目標の疾患に有効であり、かつ同時に安全であるかを健康人及び患者さんによる「臨床試験」を通して明らかにし、医薬品としての許可を取得していく職場です。
開発部の仕事は「臨床試験」を進めるに当たり、医薬候補品に関連する物性データー、前臨床データー、類似成分に関するあらゆる情報をもとに、「臨床試験」を進めるための治験計画書の立案・作成、臨床試験を実施する施設の選定、医療現場と協力しての臨床試験の推進、そして得られた臨床試験データー及び関連情報・データーを基に医薬品承認申請書を作成して、医薬品としての許可を得ることです。より有効で、安全な医薬品を社会に提供し、病気に悩む人々の助けとなりたい ― それが私たちの夢であり目標です。

製造技術職

製造技術力を高め、信頼される製品を供給しています。

生産部門で最も大切なことは、高品質の医薬品をタイムリーに製造し、医療機関へ供給することにあります。
私達は、原材料から製品にいたるまで、厳しい製造管理、品質管理を行う体制の中で医薬品を製造しています。特に強いチームワーク、最新鋭の設備機器と培われた製造技術との調和のもと、日々品質の向上と安定生産に努め、更なる向上にチャレンジしています。
ベーシック&ニッチドラッグファーマとして、血漿分画製剤、消化器領域薬、殺菌消毒剤、その他医療用医薬品等、製造技術を駆使して人々の健康増進に貢献することが使命です。