核酸増幅検査
(NAT:Nucleic acid Amplification Test)

血清学的検査に合格した個別試料は核酸増幅検査(NAT)実施施設に運ばれ、直ちにHBV, HCV, HIVを対象として行われます。この検査法は核酸を増幅する技術により感度を高めたウイルス検査法であり、ウイルスの安全性を向上させるために極めて有効な方法です。