検体保管

献血された血液の使用による輸血副作用の調査ができるように、また、その感染拡大を防止するために、「遡及調査」ができるよう全献血者の血液の一部を11年間冷凍保管しています。