ここからメインコンテンツです。

Web工場見学

包装工程

包装工程では、瓶に入れた小分製品(中間製品)を薬機法に基づき包装します。

バーコード印刷

「血漿分画製剤」は、ラベル、個装箱、外装箱に「製品コード」、「製造番号」、「有効期限」をバーコードで表示しなければなりません。検定に合格した後にバーコードを印刷します。

包装

薬事監視員によって封印が解かれた小分製品を包装します。このビデオは、瓶にラベルを貼り、添付文書と瓶を個装箱へ入れているところです。このとき、ラベルの貼付状態、添付文書の挿入状態をカメラで監視し、個装箱の質量を測定します。
箱を密閉して、「製造番号」、「有効期限」、「検定合格年月日」、「バーコード」が印刷されたシールを箱に貼付します。

表示確認

個装箱の表示事項を、従業員が確認して外装箱に入れます。
また、薬事監視員により、包装後の外観と本数について確認を受けます(包装確認)。

製品保管

確認後、製品を製品倉庫に搬送します。

  • 日本赤十字社
  • 献血血漿の入庫
  • 製薬工程
  • 製剤工程
  • 試験検査
  • 目視検査
  • 国家検定
  • 包装工程
  • 出荷